今よりちょっと良いサーバーがほしい方へ

エックスドメインの評判・評価と相性最高なレンタルサーバーも紹介

エックスドメインの評判・評価と相性最高なレンタルサーバーも紹介

エックスドメインの評判・評価と相性最高なレンタルサーバーも紹介
独自ドメインを取得・更新・移管できるドメイン会社はムームードメイン、お名前.com、バリュードメインなど多数あります。

クロネコくん クロネコくん

でも、なんで有名なムームードメインやお名前.comではなく、エックスドメイン(xdomain)をすすめるブロガーやアフィリエイターも多いんだ?

今回はこのような疑問を持った。これからWordPressでサイト(ブログ)を始めるためにレンタルサーバーを借りて、独自ドメインを取得する人に向けた。エックスドメインの評判と評価を紹介します。

サバくん サバくん

評判と評価を紹介する中で、エックスドメインと相性最高なレンタルサーバーも合わせて紹介するよ。

目次

評判・評価1:主要な独自ドメインの更新費が1番安い

エックスドメインでは「.com」・「.net」・「.biz」・「.info」・「.org」といった、よく使われる独自ドメインの2年目以降に支払う更新料が1番安いです。

また、取得料金も「.net」と「.info」以外は、1番安く取得できるドメイン会社と比べてとそれほどの金額差はありません。

■エックスドメインで取得・更新できる主な独自ドメインの料金

ドメイン 取得費 更新費
.com 1180円
(1060円)
1180円
(1180円)
.net 1180円
(699円)
1280円
(1280円)
.biz 1180円
(1299円)
1380円
(1380円)
.info 1180円
(399円)
1380円
(1380円)
.org 1380円
(1199円)
1380円
(1380円)

※カッコの料金は最安で取得できるドメイン会社の金額になります。

評判・評価2:エックスサーバー・シックスコア・wpXの初期費用が半額になる

エックスドメインで1度でも独自ドメイン取得か移管をすると以下3つのレンタルサーバーを利用する場合、エックスドメインの連携サービス機能を使うことで自動契約することができます。

さらに、連携サービスで契約した場合、各レンタルサーバーで払う初期費用が半額となります。

初期費用が半額になるレンタルサーバー

エックスサーバー(xserver):初期費用3000円 → 初期費用1500円

WPXレンタルサーバー:初期費用5000円 → 初期費用2500円

シックスコア:初期費用6000円 → 初期費用3000円

サバくん サバくん

エックスドメインの連携サービスを使えば、エックスドメインに登録した個人情報で、エックスサーバーやWPXレンタルサーバーなどの登録も自動的にしてくれるよ。

つまり、連携サービスを使えば。面倒な個人情報を登録する必要もなく、初期費用も半額という破格のサービスでエックスサーバーやWPXレンタルサーバーを利用することができます。

あわせて読みたい
エックスサーバーの評価!副業で稼ぐ人達が使っている理由を徹底解説
エックスサーバーの評価!副業で稼ぐ人達が使っている理由を徹底解説数あるレンタルサーバーの中で、初心者や50万円以上稼ぐアフィリエイターや月間100万PVを超えるブロガー達がなぜエックスサーバーを使うのか? その理由を今も使い続けている僕の評価と一緒に徹底解説します。

エックスドメインの連携サービスによる初期費用半額はいつでも可能

クロネコくん クロネコくん

でも、エックスサーバーって初期費用半額キャンペーンをやってなかったか?

サバくん サバくん

たしかに、初期費用半額キャンペーンを定期的にやっているよ。でも、いつもではないから、自分がエックスサーバーを利用したいときに限って運悪くやっていないこともあるよ。

あわせて読みたい
エックスサーバーの最新キャンペーンとクーポン情報を紹介
エックスサーバーの最新キャンペーンとクーポン情報を紹介2018年10月にエックスサーバーで実施中の最新キャンペーン・クーポン情報を全て紹介します。 本契約時「初期費用半額」、本契約後「独自ドメイン取得・更新無料」などもあるので知らなきゃ損ですよ。

しかし、エックスドメインでこれから作るサイト(ブログ)に使う独自ドメインを取得してから連携サービス使えば、いつでもがエックスサーバーやWPXレンタルサーバーと初期費用半額で契約できます。

さらに、エックスサーバーでお試し利用中(仮契約)の状態であっても連携サービスは利用できるので、エックスドメインで独自ドメインを取得するなら。ぜひ連携サービスを使って、利用料金を少しでも抑えることをおすすめします!

評判・評価3:取得した独自ドメインをエックスサーバーやWPXレンタルサーバーなどで使うための設定が楽にできる

エックスサーバーやWPXレンタルサーバーだけではありませんが、自分が利用しているレンタルサーバーで取得した独自ドメインを利用するにはネームサーバーの設定が必要です。

クロネコくん クロネコくん

ネームサーバーってなんだ?サーバーに独自ドメイン名でも登録するのか?

ネームサーバーの設定自体は、独自ドメインを取得したドメイン会社の専用画面から行いますが、ネームサーバーのことを知らない初見さんにとっては戸惑う作業になるかと思います。

しかし、エックスサーバー・WPXレンタルサーバー・シックスコアを利用している場合。エックスドメインで独自ドメインを取得すると、その過程で勝手にネームサーバーの設定もやってくれます。

サバくん サバくん

エックスサーバーやWPXレンタルサーバーを利用しているなら、独自ドメインの取得はエックスドメインでやると最短作業で独自ドメイン付きサイト(ブログ)を作れるよ。

評判・評価4:whois情報公開代行を無料でできる

どのドメイン会社でも、取得した独自ドメインにはwhois情報という。ドメイン会社に登録した個人情報がインターネット上に公開される仕組みがあります。

しかし、エックスドメインではwhois情報公開代行という。本来自分の個人情報が表示されるはずのwhois情報にエックスドメイン会社の情報を表示させることにより、自分の個人情報を保護できる機能が用意されています。

あわせて読みたい
whois情報公開代行って必要?設定しないデメリットを紹介
whois情報公開代行って必要?設定しないデメリットを紹介お名前.comやムームードメインなどで独自ドメイン取得時にwhois情報公開代行の設定はしていますか? 本記事では、whois情報公開代行を必ず設定すべき理由と、設定しない場合のデメリットを説明します。
サバくん サバくん

whois情報公開代行があれば、独自ドメインを使ったサイト(ブログ)を作っても、個人情報がインターネット上に漏れることはないよ。

また、エックスドメインでのwhois情報公開代行は、独自ドメイン取得時・取得後どちらのタイミングでも無料で何度でも設定変更可能です。

クロネコくん クロネコくん

お名前.comとかだと、独自ドメイン取得時しかwhois情報公開代行は無料で設定できないことを考えたら、エックスドメインはいい仕事してるぜ。

評判・評価5:無料サーバーを利用してサイトの運営ができる

エックスサーバーでは、1度も独自ドメインの取得・更新・移管をしなくても、申し込むを行うだけで完全無料サーバーを1つ利用できます。

クロネコくん クロネコくん

ということは、一切費用をかけずにサーバーを利用できるってことかよ?

サバくん サバくん

その通りだよ。でも、申し込みの時はアカウント(作成)は必要になるよ。

クロネコくん クロネコくん

まあ、それくらいは当たり前だよな。じゃないと許可なく勝手に使われ放題になるしな。

また、利用できる無料サーバーはWordPressでサイト(ブログ)の運営ができるうえ、その作ったサイトにアフィリエイト広告を貼って収益化も可能となっています。

しかし、サーバー自体は超低スペックで無料SSL(https化)も使えません。さらに、公式の広告も条件によってサイトに自動的に表示されたり、一部アフィリエイト広告に対応していなかったりと、本気でアフィリエイトやアドセンスで稼ぐには向いていないと言わざるを得ません。

■無料サーバーの主なスペック紹介

項目名 内容
root(管理者)権限 なし
ディスク容量 1GB
公式の広告表示 条件によってあり
アフィリエイト広告貼り付け OK
独自ドメイン登録数 10個まで
MySQL 利用不可
1ファイルの最大容量 3MBまで
FTP接続 可能
SSL なし
SSH接続 負荷
サポート なし
サバくん サバくん

後、もしトラブルが起こってサイトが閲覧不能になってもサポート対応はないから、自分で状況を把握して対応する力も必要になるよ。

クロネコくん クロネコくん

そうか。プログラムやサーバーなんて触ったことの俺には厳しそうな話だぜ。

エックスドメインにあるたった1つのデメリット

さすがにメリットだけしかないということは無く。エックスドメインにも1つだけデメリットがあります。

それは、取得できる独自ドメインの種類が非常に少ないということです。

■エックスドメインで取得できる独自ドメインの種類

  • .com
  • .net
  • .org
  • .biz
  • .info
  • (ローマ字).jp
  • (日本語).jp
  • .co.jp
  • .or.jp
  • .me
  • .mobi
  • .asia
  • (ローマ字).都道府県.jp
  • (日本語).都道府県.jp
  • .red
  • .pink
  • .blue
  • .black

よくサイトやブログで使われる「.com」・「.net」・「.biz」・「.jp」などの主要なドメインは普通に取得できるため、致命的なデメリットとはなりません。

しかし、お店にサイトを作る場合の「.shop」、ニュースサイトを作る場合の「.news」、仕事に関するサイトを作る場合の「.work」といった。

マイナーなドメインは一切取得できないため。そのような独自ドメインを取得するには、エックスドメイン以外のドメイン会社を利用する必要があります。

サバくん サバくん

マイナーな独自ドメインを取得するなら、ムームードメインバリュードメインを使うのがおすすめだよ!

クロネコくん クロネコくん

まあ、普通にブログやサイトを作るなら、「.com」・「.net」・「.biz」当たりを使うから、あんまり問題はなさそうだな!

サバくん サバくん

そうだね。少なくても普通にサイトやブログを作る分には、特に気にならないデメリットだよっ!

まとめ

クロネコくん クロネコくん

そういえば、冒頭で言ってた「エックスドメインと相性最高なレンタルサーバー」ってどれなんだ?

サバくん サバくん

ここまで読んでくれた人であれば答え合わせは必要ないと思うけど、エックスサーバーWPXレンタルサーバーシックスコアの3つだよ。

他ドメイン会社での独自ドメイン取得にも違ったメリットはありますが、上記3ついずれかのサーバーを借りて独自ドメイン付きサイト(ブログ)を作る場合であれば、必要な独自ドメインの取得はエックスドメインを利用するのが1番おすすめです。

ガチで稼げるサイト(ブログ)を作る、おすすめサービスの組み合わせ

■エックスサーバー X エックスドメイン
個人向け初心者がガチでサイト(ブログ)運営で稼ぐ場合におすすめの組み合わせ。

■シックスコア X エックスドメイン
法人サイトやネットショップのような信用度が高いサイトを運営する場合におすすめの組み合わせ。

サバくん サバくん

エックスドメインで独自ドメインの取得方法が分からない人は、以下の記事にまとめてあるから確認してね。

あわせて読みたい
エックスドメインの使い方!独自ドメイン取得と設定方法を教えます
エックスドメインの使い方!独自ドメイン取得と設定方法を教えますエックスドメインの使い方指南です。独自ドメインの取得と自分が利用しているレンタルサーバーで取得したドメインを使う手順をやさしく教えます。 また、エックスサーバーへ楽にドメイン登録する方法も合わせて紹介。
目次