【Minecraft】マルチサーバーを簡単に立てれる4つの方法を紹介

5月 25, 2019VPS

Minecraftの簡単に立てれる4つの方法を紹介
マインクラフト(Minecraft)のMOD対応マルチサーバーを作って友達とマルチプレイをしたいけれども。

こんな悩みがあるんだが

  • サーバーに関する知識や操作方法を知らないから、快適に遊べるマインクラフトのマルチサーバーを立てられるか不安
  • せっかくマインクラフトのマルチサーバーを立てるなら毎日24時間ずっと起動させておきたい
  • 当然自分も友達と一緒にマルチプレイ遊ぶので、マルチサーバーを動かすために自分のパソコンに負荷をかけたくない
  • マインクラフトのマルチサーバーを立てるのにお金と時間を極力かけたくない

このような悩みがあって、マインクラフトのマルチサーバーを立てるのをためらっている人はいないでしょうか?

今回はそんな悩みを持っている人へ向けた、マインクラフトで24時間常時起動(瞬断なし)のマルチサーバーを知識ゼロの初心者でも5分で作って友達と一緒に遊べ、なおかつ電気代の維持費を極力かけない方法を紹介します。

Right Caption

さばくん

今回紹介する方法は、小学生のお小遣いレベル(1か月1000円未満)でも実現可能で、24時間常時起動させても親から「パソコンの電源を切りなさい」とお小言をいわれない方法だよ。

なので、使えるお金の少ない学生の人もマインクラフトのマルチサーバーを作って友達と遊ぶのに興味がある人はぜひ確認してみてください。

マインクラフト(Minecraft)のマルチサーバーを立てる方法

マインクラフトのマルチサーバーを自分で立てる方法としては、主に4つの方法があります。

自宅サーバーを用意してマインクラフトのマルチサーバーを立てる

自分のパソコンでマインクラフト
マインクラフトの公式ではマルチサーバーを構築するためのファイルを無料で配布しており。

そのファイルをダウンロードして使えば、自宅サーバー(自分のパソコン)をマインクラフトのマルチサーバーとして利用することができます。

この方法のメリットとしては。

  • お金を一切かけずにマインクラフトのマルチサーバーを立てられる
  • 作ったマルチサーバーの設定変更やMOD導入が簡単にできる

のようなメリットがあります。

逆にデメリットとしては。

  • 自宅サーバーの電源を付けている間しかマルチサーバーを利用できない
  • マルチサーバーを利用するために長時間電源を付けていると、電気代が高くなり自宅サーバーの故障が早まる
  • 作ったマルチサーバーを定期的に利用する場合、IPアドレス固定化・ポート開放・自分パソコンへの不正侵入対策の設定を行う必要がある
  • マルチサーバーとして利用しているパソコンで動画など見たりすると負荷がかかって、マインクラフトが重くなる
  • 20人以上でマルチプレイする大規模マルチサーバーを立てる場合は、充分なメモリやストレージ・高速なネット回線(専用回線)が必要となる

のようなデメリットがあります。

Right Caption

さばくん

自分のパソコンをマルチサーバーとして利用するために電源を常時ONにすると月に1500円~2000円余分にかかったり、最悪の場合パソコンの故障による発火から家が火事になる可能性があるよ。

総評すると、自宅サーバーをマインクラフトのマルチサーバーとして利用するのであれば、以下3つのことがクリアできるならおすすめできます。

  • 自宅サーバーの電源をONにしていないと友達はマルチサーバーを利用できないことが自分と友達との間で許容できる
  • マルチサーバーを構築するための解説wikiはあるが、IPアドレス固定化やポート開放といった最低限のネットワーク設定ができる
  • 快適なマルチプレイのために、プレイ中は自宅サーバー(自分のパソコン)での動画などの閲覧は控えて余分な負荷を抑えることができる
Left Caption

くろねこくん

マルチサーバーとして利用する場合、自宅サーバーで他のことが自由にできないのはすごく嫌だな。
Right Caption

さばくん

気持ちは分かるけど、それが自宅サーバーをマルチサーバとして利用するってことになるよ。

Aternosという無料マインクラフトサーバーをレンタルする

Aternos
Aternosという海外のマインクラフト専用サーバーを利用すれば、構築済のマルチサーバーを無料でレンタルできます。

Aternosからマルチサーバーをレンタルで借りてプレイするメリットとしては。

  • アカウント登録するだけで、マルチサーバーを借りてプレイできる
  • お金を一切かけずにマインクラフトのマルチサーバーを利用できる
  • 自分のパソコンは自由に利用できる (電源管理ももちろん不要)

といったメリットがあります。

Right Caption

さばくん

Aternosサーバーを借りた後やる設定としては、Aternosが用意している専用画面からプレイ環境設定とMOD設定をするだけだから誰でも簡単にできるのが素晴らしいよ。
Left Caption

くろねこくん

おおっ! これなら自分のパソコンをマルチサーバーしなくて済むから電気代もかからないし、マイクラのマルチサーバーを立てるなら、もうこれでいいんじゃないのか。

ただし、無料でマルチサーバーを借りられる以上デメリットも当然存在しており。

  • Aternosから借りたマルチサーバーに誰もアクセスしていないと、5分後勝手にサーバーが止まる
  • Aternosのマルチサーバーを利用している人が多い時間帯だと、サーバーが起動するまでに数分かかる
  • サーバースペックは最低減のものでしかないため、5人以上でマルチプレイをすると動作のカクつきが起こることがある
  • 一部のMODは利用できず、外部MODの導入もできない
Right Caption

さばくん

また、通信も不安定な時もあって、その場合は4人以下でプレイしていてもカクつくことがあるよ。
Left Caption

くろねこくん

なるほど、サーバー自体のスペックと通信に弱点があるってことか。うまいばかりの話しは無いってことか。

総評すると、以下4つのことがクリアできるならAternosはおすすめできます。

Aternosをおすすめできるのはこんな人

  • 誰もマルチサーバーにアクセスしていないとサーバーが勝手に停止して、再起動するまでに数分かかることを許容できる
  • 4人までの人数でマルチプレイする (6人までなら多少のカクつきを妥協すればいけて、10人以上はまず無理)
  • 動作がカクつく(不安定)になったり、通信が切れたりすることがあっても、それを許容できる
  • 自分が導入したいMODが入れらない場合があっても、妥協してマルチプレイできる

僕も実際にAternosで友達2人と一緒に3人で数日プレイしてみたことがありますが。

2回ほど動作不安定やサーバーの起動に5分近くかかったりするなどの不便があったり、なにより入れたいMODがAternosでは対応していないことがあってマルチサーバーとしての役割を果たすには力不足だと感じたので、個人的にはAternosのマルチサーバーでプレイすることはおすすめできません。

Minecraft Realmsからマルチサーバーをレンタルする

Minecraft Realms
Minecraft Realms(レルムス)という、マインクラフトの公式がやっているマルチサーバーレンタルサービスを利用すれば、Aternosと同じようにマルチサーバーをレンタルできます。

AternosもMinecraft Realmsもマルチサーバーをレンタルするという点では同じですが、大きく違う点が2つあります。

Minecraft RealmsはAternosと違い月額課金制の有料サービスであること

Minecraft Realmsはマインクラフト公式が運営しているサービスであること

Left Caption

くろねこくん

ようするに、Minecraftの公式がやっているマルチサーバーの有料レンタルサービスってことか?
Right Caption

さばくん

うん、その認識であっているよ。Minecraft Realmsではマルチサーバーを借りた人がオーナー(管理者)となって月額料金を払うサービスになるよ。

Minecraft Realmsでマルチサーバーを借りてプレイする場合、以下のようなメリットがあります。

  • XBOXアカウントを用意するだけで、マルチサーバーを借りてプレイできる
  • マインクラフト公式によるサービスなので、バージョンアップによる動作不良やセキュリティ面での問題が無い
  • 1か月の無料トライアル期間がある (無料期間内に解約すれば料金を取られることも無い)
  • Aternosよりも大人数でマルチプレイ可能 (11人まで)
  • 誰もマルチサーバーにアクセスしていなくても勝手にサーバーが停止することはない (毎日24時間常時起動)
  • 自動バックアップ機能がついている

全体的にAternosよりもサーバースペック自体が上であり公式がサポートしていることもあって、マルチプレイ自体が不便無く快適にできるのは大きな強みと言えます。

Left Caption

くろねこくん

30日の無料トライアル中に遊んでから、お金を払って継続するかを決められるのも嬉しいな。

しかし、以下のようなデメリットも存在しており。

  • 無料トライアル以降も継続して利用するには月額料金が必要となる (自宅パソコンで24時間付けた時の電気代よりは安い)
  • 借りられるマルチサーバーは完全バニラでMODの導入はできない
  • 12人以上同時にマルチプレイはできない
Right Caption

さばくん

MODが導入できないといったマルチサーバーに設定できる自由度の低さと、12人以上同時にプレイできないのは大きなデメリットになるよ。

総評すると、以下3つのことがクリアできるならMinecraft Realmsでマルチサーバーを借りてマルチプレイはおすすめできます。

Minecraft Realmsをおすすめできるのはこんな人

  • 1か月以上プレイする場合は月額料金(約904円)が必要なことを許容できる
  • 完全バニラでもマルチプレイで遊べるならそれで問題ないこと
  • 12人以上同時にマルチサーバーにアクセスしてのプレイはしない
Left Caption

くろねこくん

なるほど。11人以下でMOD無しの完全バニラのマルチサーバーならMinecraft Realmsを利用するのがおすすめってことか。
Right Caption

さばくん

うん、その条件ならMinecraft Realmsが1番おすすめできるよ。

VPSでマインクラフトのマルチサーバーを立てる

VPSでマインクラフト
最後に紹介するのはVPSという仮想専用サーバーを借りて、その仮想サーバーをマインクラフトのマルチサーバーとして利用する方法です。

仮想専用サーバーとは

実体ある物理サーバー上に作られる仮想のサーバー。

仮想ではあるが、物理の専用サーバーと同じように自分が管理主となって管理・運用していくことができる。

ただし、仮想サーバーは物理サーバーにあるCPUやメモリなどのリソースの一部を使って作られるため、元の物理サーバーよりサーバースペックは低い。

Right Caption

さばくん

VPS(仮想専用サーバー)は物理サーバーよりスペックが低いといっても、マインクラフトのマルチサーバーとして使う分には問題ないから安心してね。

VPSでマインクラフトのマルチサーバーを構築してプレイする場合、以下のようなメリットがあります。

  • マインクラフトのマルチサーバー構築用の設定テンプレートが用意されているので、何の知識が無くても5分程度で構築できる
  • MOD導入も可能 (コマンドを打ち込んで入れる必要はある)
  • 24時間常時マルチサーバーを起動させることが可能 (メンテナンスによる瞬断も無い)
  • サーバースペックが高いプランを選べば12人以上同時のマルチプレイも可能
  • VPSのプランアップ・ダウンによるサーバースペックの調整が好きなタイミングで容易に可能
  • サーバーのスペックに余裕があればTeamSpeakなども自由に入れることも可能

※TeamSpeakはPCゲーム用に作られたフリーのオンラインボイスチャットです。

  • 月額料金が必要となる (自宅パソコンで24時間付けた時の電気代よりは安い)
  • 11人以下でマルチプレイする場合はMinecraft Realmsと比べて料金が高い (完全バニラ環境であること前提)

総評すると、VPSでマインクラフトのマルチサーバーを立てる方法はマルチプレイで遊ぶうえで大変多くのメリットがあるので1番おすすめできます。

Left Caption

くろねこくん

おおっ、丁度マイクラを始めた友人のためにMODのCraftGuideを入れたマルチサーバーを立てて一緒に遊べないものかと考えていたけれど、このVPSでマルチサーバーを作ればよさそうだな。
Right Caption

さばくん

そうだね。MOD導入できるマルチサーバーを立てるならVPSを使うのが自由度も高くて料金も安めだから1番おすすめだよ。
Left Caption

くろねこくん

そうか。ならVPS(仮想専用サーバー)を早速借りようと思うんだがどうすればいいんだ?

VPSはVPSを提供している会社のホームページ上から申し込みを行えばすぐにでも利用できます。

Right Caption

さばくん

申し込みは会員登録と支払登録をすることになるよ。

マインクラフト(Minecraft)のマルチサーバーを構築するのにおすすめのVPS

Minecraftのマルチサーバーを立てるのにおすすめのVPS
VPSを提供している会社は複数ありますが、マインクラフトのマルチサーバーを立てて遊ぶためにVPS(仮想サーバー)を借りるのであれば。

ConoHa VPSさくらVPSのどちらかを選ぶのが圧倒的におすすめとなります。

Left Caption

くろねこくん

なんで、その2つがおすすめなんだ?
Right Caption

さばくん

なぜならConoha VPSとさくらVPSだけが、VPS(仮想サーバー)初期設定を行うための便利機能の一つにマインクラフトのマルチサーバーを自動で構築してくれる機能があるからだよ!

誤解が無いように補足しておくと、上記2つ以外のVPSでもマインクラフトのマルチサーバーを立てることは可能です。

ただし、そのためには自分でUnix(CentOSやUbuntu)OSコマンドを使ってイチから構築する必要があるため、UnixOSコマンドの知識が無ければマルチサーバーを作れないことになります。

Right Caption

さばくん

UnixOSコマンド以外にもIPアドレスの設定やポート設定といった最低限のネットワーク知識も必要になるよ。

なので、マインクラフトのマルチプレイで遊ぶためのマルチサーバーを欲しいだけなら、span class=”bold_red”>自動でマルチサーバーを構築する機能を持つConoha VPSかさくらVPSを利用するのがおすすめとなります。

Left Caption

くろねこくん

それなら、Conoha VPSとさくらVPSならどっちがおすすめなんだ?
Right Caption

さばくん

僕個人の感想でいうとConoha VPSの方がおすすめできるよ。でも、それぞれVPSでメリット・デメリットがあるから今度はそれを説明していくよ。

Conoha VPSでマインクラフトのマルチサーバーを立てるメリットとデメリット

Minecraftマルチサーバー ConohaVPS

1GBプラン 2GBプラン 4GBプラン 8GBプラン
マルチプレイ人数目安 4人以下 10人以下 20人以下 21人以上
課金形態 1時間単位での課金制 (仮想サーバーを立てている間のみ課金)
費用 1時間 1.3円
900円(月額)
1時間 2.5円
1750円(月額)
1時間 4.8円
3420円(月額)
1時間 9.3円
6670円(月額)
初期費用 無料
最低利用期間 無し
無料お試し期間 無し
プラン変更 いつでも可能
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB
CPU 2コア 3コア 4コア 6コア
SSD 50GB 50GB 50GB 50GB

2019年6月28日まで「1GBプラン」の新規利用者は料金が30日間10%OFFになるキャンペーン実施中。

  • 最新バージョンである1.14でのマルチサーバを簡単に立てられる
  • 最低利用期間が無く1時間単位の課金なので超短期間の利用も可能
  • 受験勉強や仕事なので数週間遊ばない場合、スナップショット機能を使うと実質無料でマインクラフトのマルチサーバーを維持可能
  • プランアップ・ダウンがいつでも可能で、それによってサーバースペックを任意のタイミングで上げたり下げたりできるのでプレイ人数に合わせて最小の課金で利用可能
  • 学生であれば、ConoHa学割という一般の人より10%安くConoHa VPSを利用可能
  • 無料お試し期間がない

ここがConoha VPSでマインクラフトのマルチサーバーを立てるポイント

Conoha VPSでは最低利用期間無しの1時間単位の課金制なので、自分達がマインクラフトのマルチプレイをやりたい期間だけConoha VPSを利用すれば、1か月200円~500円程度の料金で済ますことも充分可能です。

Right Caption

さばくん

Conoha VPSでは仮想サーバーを立てている間だけ課金されるから、そのサーバーを破棄すれば課金はされないよ。また、作ったサーバーの破棄も簡単で即できるよ。

また、Conoha VPSにはスナップショットという1度作ったサーバーの構成をそのまま保存しておく機能があるのでサーバーを廃棄したとしても、スナップショット機能で保存しておいたサーバー構成情報を使えば破棄したときと同じ状態のサーバーをすぐに立てることができます。

Left Caption

くろねこくん

そうなると、受験勉強や仕事などで長期間忙しくてマインクラフトで遊べないときに作ったマルチサーバーの維持費を払わなくてもいってことになるのか?
Right Caption

さばくん

その通りだよ。うまく利用すれば先に挙げたMinecraft Realmsよりも安い料金で済ますことも可能になるよ。

また、18歳未満でもConoha VPSと契約可能なので小学生~高校生の人でもVPSでマインクラフトのマルチサーバーを作って遊ぶことができます。

Right Caption

さばくん

あとConoHaカードというプリペイドカードを使えば、支払いにクレジットカードや銀行口座を使わなくてもいいのは学生にとっては嬉しい配慮だね。

※ConohaカードはConoha公式ページやAmazonで購入可能です。

ただし無料お試し期間が一切無いので、1度使ってみて使い勝手を確認してから契約できないことだけはデメリットと言えるでしょう。

総評すると、無料お試し期間がないことを許容できるのなら、さくらVPSよりも料金が安く、様々な面で使い勝手のいいConoha VPSを利用するのがおすすめとなります。

Right Caption

さばくん

0円とはいかないけど、1日~2日だけ最低プランで利用して使い勝手を確かめるやり方なら63円の支払いだけで済むよ。

さくらVPSでマインクラフトのマルチサーバーを立てるメリットとデメリット

Minecraftマルチサーバー さくらVPS

1GBプラン 2GBプラン 4GBプラン 8GBプラン
マルチプレイ人数目安 4人以下 10人以下 20人以下 21人以上
課金形態 月額課金制
月額費用 972円 1706円 3888円 7776円
初期費用 1620円 2160円 4320円 8640円
最低利用期間 3ヶ月
無料お試し期間 14日間
プラン変更 プランアップのみいつでも可能
メモリ 1GB 2GB 4GB 8GB
CPU 2コア 3コア 4コア 6コア
SSD 30GB 50GB 100GB 200GB
HDD 100GB 200GB 400GB 800GB

※仮想サーバーを作るときにSSDかHDDを選択する。

  • 14日間の無料お試し期間がある。 (お試し期間中に解約すれば料金は一切不要)
  • 初期費用が必要となる
  • 最低利用期間が3ヶ月間ある

さくらVPSはConoha VPSとサーバースペック(性能)自体はほとんど変わりありません。

さらに、さくらVPSだけのメリットである「14日間の無料お試し期間」によって使い勝手を確認してから料金を支払って契約できるのはConoha VPSには大きな利点です。

しかし、「最低利用期間がある」・「契約時に初期費用が必要」・「プラン変更でプランダウンはできない」といった大きなデメリットもあります。

総評すると、「14日間の無料お試し期間」メリットをなによりも重視するのであればさくらVPSを利用することをおすすめします。

Right Caption

さばくん

安い料金や使い勝手を重視するならConoha VPSの方がおすすめになるよ。

まとめ

個人でマインクラフトのマルチサーバーを立てる4つの方法についてはいかがだったでしょうか。

今回紹介した方法をまとめると以下のようになります。

■自宅サーバーを用意してマインクラフトのマルチサーバーを立てる
24時間自宅サーバー(自分のパソコン)の電源を付けておく必要があるため電気代が高くなる、自分もその自宅サーバーからマルチプレイをすると動作が重くなる、マルチサーバーを立てるための知識が必要となると言ったことからおすすめできない。

Aternosから構築済のマインクラフトマルチサーバーをレンタルする
無料で構築済みのマルチサーバーをレンタルできるのは魅力だが、5分放置するとサーバーの再起動が必要となり、サーバースペック自体も低く動作がカクツクことも多いのでおすすめできない。

Minecraft Realmsから構築済のマインクラフトマルチサーバーをレンタルする
料金は必要となるが、完全バニラ環境・11人までのマルチプレイという2つ条件を満たしていれば1番おすすめできる方法となる。

■VPS(仮想サーバー)を借りて、そこにマインクラフトのマルチサーバー構築する
Conoha VPSさくらVPSならマインクラフトのマルチサーバーを自動で作ってくれる機能がある。

MOD導入環境で遊びたい、12人以上のマルチプレイで遊ぶことがあるなら、Minecraft Realmsよりこちらの方法の方がおすすめできる。

Conoha VPSかさくらVPSであれば、料金がより安くて、プランアップ・プランダウンがいつでも出来るConoha VPSを利用するほうがおすすめ。

Right Caption

さばくん

自分が使える予算・遊びたいマルチプレイの環境・人数などの条件から、今回紹介した方法の中から最適な方法を選んでマインクラフトのマルチサーバーを用意してみてね。
Left Caption

くろねこくん

よし、俺はModをふんだんに入れたマルチ環境で友達4人と1週間~2週間くらい遊びたいから、一番安く済みそうなConoha VPSでマイクラのマルチサーバーを作ってみるぜ。