おすすめ?自宅サーバーを半年運用して感じたメリットとデメリット

レンタルサーバー基礎知識

自宅サーバーを半年運用して感じたメリットとデメリット


自分で作ったブログ(サイト)の運営(webサーバー)、メールサーバー、データベースサーバー、ゲームのマルチ(MOD)サーバー、オブジェクトストレージなど。

今や個人でサーバーを運用するなら、レンタルサーバーで運用するのが主流です。

しかし、中にはこんなことを考えた事がある人もいるのではないでしょうか?

Left Caption

くろねこくん

わざわざサーバーを借りるよりも自宅サーバーの方が費用が安くついたり管理も楽に出来るんじゃないか?
Right Caption

さばくん

その疑問にはすごく共感できるよ。
Right Caption

さばくん

実は僕も自宅サーバーの方がレンタルサーバー会社からサーバーを借りるよりもメリットが多いのではないかと思って、自宅サーバーを用意して半年程運用していたことがあったからね。

本記事では、そんな自宅サーバーを半年運用した経験から感じた、自宅サーバーを利用するメリットとデメリットを紹介しますので、レンタルサーバーか自宅サーバーのどちらかで迷っている人は是非読んでみてください。

自宅サーバーのメリット

自宅サーバーの主なメリットは、サーバーやネットワーク知識が身につくことです。

Right Caption

さばくん

正直に言うと、それくらいしかメリットが思い付かなかったよ。

それでは早速、自宅サーバーのメリットを詳しく見ていきましょう。

サーバーの知識や操作方法が身につく

自分でサーバーの運用をしなければならないので、絶対にサーバーの知識や操作方法(コマンド)を覚える必要があります。

そのため、自宅サーバーをまともに運用できるようになれば、プログラマーとしてやっていける最低限のサーバーの知識や操作方法(コマンド)が身に付きます。

Left Caption

くろねこくん

自宅サーバーをまともに運用できれば、サーバー(インフラ)エンジニアやにはなれるのか?
Right Caption

さばくん

さすがにサーバー(インフラ)エンジニアレベルの知識を身に着けるのは無理だね。
Right Caption

さばくん

でも、webプログラマーやwebデザイナーとしてやって行くためのサーバー知識や操作方法を身につくよ。

ネットワークに詳しくなる

自宅サーバーをインターネット上に公開する場合、ネットワークの基礎知識は必要となります。

ですので、自宅サーバーを利用してブログ(サイト)の公開・メールサーバー・ゲームのマルチ(MOD)サーバーの運用ができるようになれば、ネットワークの基礎知識が身に付きます。

自宅サーバーのデメリット

残念ながら自宅サーバーはメリットよりもデメリットの方が多いです。

自宅サーバーの主なデメリットとしては以下のものがあります。

  • 初期費用 + 月額費用がレンタルサーバーよりずっと高い
  • サーバーの管理は全て自分でする必要がある。
  • 様々な障害に弱い

それでは、上記記載した自宅サーバーのデメリットを順番に見ていきましょう。

サーバーを用意する初期費用がかかる

自宅サーバーには以下の機材が必要となり初期費用がかかります。

自宅サーバーに必要な機材と費用

  • サーバー本体:約3万円~約20万円
  • スイッチングハブ:約2600円
  • 静音PCケース:約10000円
  • 無停電電源装置:約13500円 ※停電のリスクが怖い場合は用意する。

このように自宅サーバーを用意するだけで少なくても数万円を超える初期費用がかかってしまいます。

しかし、レンタルサーバーなら上記記載の初期費用は一切必要なく。

「初期費用1500円~3000円 + 月額費用500円~2000円」の費用だけで済みます。

そのため、2年以上レンタルサーバーを使っても自宅サーバーの初期費用分より安く付くことが多いです。

Left Caption

くろねこくん

ところで、お前が自宅サーバーに使っていたサーバーはいくらしたんだ?
Right Caption

さばくん

僕は購入当時(2011年)約15万円した古いゲーミング用デスクトップパソコンを自宅サーバーにしたよ。
Right Caption

さばくん

でも、本当に自宅サーバーとしての最低限必要なスペックなら3万円くらいのやつでも大丈夫だよ。

電気代が高い

自宅サーバーを運用するには、当然自宅の電気を必要としてますので電気代が必要となります。

特に自宅サーバーでは定番の毎日24時間フル稼働させる場合ですと、月の電気代が1000円程度かかります。

そのため、自宅サーバーの電気代だけで共用レンタルサーバーの月額費用くらいはかかってしまうことになります。

自宅サーバーをインターネット利用する場合は固定IP費用もかかる

自宅サーバーをインターネット利用する場合は固定IPが必要なるので、固定IPの費用もかかります。

なお、インターリンクというプロバイダーなら月額1300円で固定IPを利用できます。

Left Caption

くろねこくん

自宅サーバーって、結構月額費用がかかるんだな。
Right Caption

さばくん

そうなんだよ。電気代と固定IP代を合わせたら月2300円程度の費用がかかるんだ。
Right Caption

さばくん

その一方で、よく使われる共用レンタルサーバーの月額費用は500円~2000円程度なんだ。
Left Caption

くろねこくん

なるほど。どう考えてもレンタルサーバーの方がコスパに優れるってことだな。
Right Caption

さばくん

そういうことになるね。

全てのサーバー設定を自分でしなければならない

自宅サーバーなので、当然サーバーの設定や障害・不正アクセスなどが発生したときの対応は全て自分で行う必要があります。

例えば、WordPressによるブログ(サイト)の運用をしたいだけの人であれば、サーバーの設定や障害対応は面倒で時間のとられる作業となるのでデメリットとなってしまいます。

ただ、サーバーの設定や障害対応は行うことはサーバーに関する知識やスキルが付くのは間違いないので、メリットとしてもあげています。

停電でサーバーが止まる危険がある

停電


レンタルサーバーのサーバーはデータセンターという専用施設に置いてあり、データセンターは2~3日の停電までなら石油による自家発電で電力を補うことができます。

しかし、自宅で自家発電機を用意している事は少ないと思いますので、停電が起こると自宅サーバーが止まってしまう可能性があります。

また、数ヶ月自宅サーバーを稼働し続けている中で突然サーバーの電源を切ると、機器が故障したりデータが破損する可能性が高くなります。

無停電電源装置は数時間までの停電対応用

無停電電源装置のスペックにもよりますが、

  • 2万円程度の無停電電源装置:1時間程度の電気供給
  • 5万円の無停電電源装置:4時間程度の電気供給

と、数時間程度の停電までしか対応できません。

ですので、2018年9月に発生した「台風22号による関西地方の数日に渡る停電」・「北海道地震による数日の停電」に耐えられる電気を供給するのは不可能です。

あくまで、無停電電源装置は瞬電や数分程度の停電に対応するのが主な利用用途となります。

ハードディスクやメモリなどのパーツが故障しやすい

ブルースクリーン


自宅サーバーは毎日24時間稼働させ続けることが多いと思いますので、当然そうなると普通に使用しているよりハードディスクやメモリなどのパーツは故障しやすくなります。

特にパーツが壊れやすいは長期間自宅サーバーを稼働し続けている中で、なにかの拍子に電源を再起動したりするなどの電源を1度切ったときです。

Right Caption

さばくん

僕が動かしていた自宅サーバーは4ヶ月以上電源付けっぱなしの中、自宅サーバーの調子が悪くて再起動したときにメモリが壊れたことがあるよ。
Left Caption

くろねこくん

1度止めたらダメになるって、なんかマグロみたいだなw

危険!サーバーが発火するリスクがある

サーバー発火


自宅サーバーのハードディスクやメモリなどのパーツが壊れる程度ならまだマシなほうです。

もっとひどいのは長期間自宅サーバーを稼働し続けていることが原因でコンデンサーなどに発火が起こってサーバーが燃えてしまうことです。

特に1人暮らしの外出中に自宅サーバーが燃えてしまえば最悪の場合、自宅が火災になる危険があります。

僕が自宅サーバーをやめた原因

メモリが壊れても自宅サーバーをやめなかった私が自宅サーバーをやめた原因がコンデンサーから発火してパソコンから煙が出たことです。

パソコンから煙が出たとき私は仕事で外出していましたが、一緒に暮らしている母が焦げ臭い匂いを感じてサーバーを見たら煙が出ていた事に驚き、慌ててサーバーに水をかけて大事には至りませんでした。

そのあと、仕事を終えて家に帰った私は母から2時間以上コッテリと絞られました。

Right Caption

さばくん

テストで0点とっても家のガラスを割っても、そこまで怒らなかった母からこんなに怒られたのは人生で初めてだったよ。

そして、自宅が燃えるリスクを負ってまで自宅サーバーを続ける気はなかったので、この事件を期に6ヶ月以上続けていた自宅サーバーをきっぱりやめました。

Right Caption

さばくん

自宅の安全か自宅サーバーのどちらを取るかで、僕は自宅の安全を取ったってことだよ。
Left Caption

くろねこくん

まあ、自宅を失うリスクを引き換えに自宅サーバーをやるのは絶対にないな。

自宅サーバーより共用レンタルサーバーかVPSを利用するのがおすすめ

ここまで自宅サーバーのメリットとデメリットを見てきたら分かる通り、自宅サーバーのメリットはほとんどなく、むしろデメリットの方が多いです。

Left Caption

くろねこくん

たしかに、自宅サーバーは数万円の初期費用がかかるし、自宅が燃えるリスクを負ってまではできないぜ。

さらに、10年前ならまだしも今なら。

ブログ(サイト)やECサイトを始めるなら、初心者でも簡単に始められる共用レンタルサーバーがありますし。

Right Caption

さばくん

共用レンタルサーバーなら、ConoHa WINGエックスサーバーロリポップMixhostがおすすめだよ。

webサーバー・メールサーバー・データサーバー・ゲームのマルチサーバー(MOD導入可)・別のlinux・windows環境が欲しいのであれば、VPS(仮想専用サーバー)サービスがあります。

特にVPSならサーバーのroot権も貰えますので、自宅サーバーとほぼ同じ感覚で運用できます。

なので、自宅サーバーをやる位ならVPSサービスを利用して、サーバーやネットワークのことを勉強しながらサーバーで自分がしたかった事を実現させることを強くおすすめします。

Right Caption

さばくん

VPSなら初期費用が不要で、月額費用500円~3500円くらい出せば、立派な自宅サーバーの代わりがすぐに手に入るから本当におすすめだよ。
Left Caption

くろねこくん

実は俺も自宅サーバーに興味があったけど。

ここまで言われたら、俺も1度ConohaVPSさくらVPSを利用してみるぜ。

Right Caption

さばくん

うん、絶対にそのほうが賢明な判断だと自信をもって言えるよ。