今よりちょっと良いサーバーがほしい方へ

ロリポップ対ConoHa WINGの徹底比較結果をやさしく解説

ロリポップ対ConoHa WINGの徹底比較結果をやさしく解説

ロリポップ vs ConoHa WING徹底比較
ネットビジネス向けのサイト(ブログ)を運営するためレンタルサーバーとしては格安なのにも関わらず性能が高いサーバーを利用できるロリポップ

2018年9月に新リリースされた、本当に国内最速の処理速度を誇るサーバーが利用できるとして人気急上昇中のConoHa WING

あわせて読みたい
驚愕の性能!ConoHa WINGの評価と評判をシンプルに解説
驚愕の性能!ConoHa WINGの評価と評判をシンプルに解説今、サイト(ブログ)を作るためのレンタルサーバーとして実績のあるブロガーやアフィリエイター達の中で人気急上昇中であり、 驚きの性能を誇るConoHa WINGの評価と評判をシンプルに説明します。

両レンタルサーバーともに月額1000円未満から利用できるうえ、初心者でも扱いやすいレンタルサーバーなので。

クロネコくん クロネコくん

これから、ネットビジネス向けのサイトを始めようとしている俺は「どっちのレンタルサーバーを借りてサイトを運営すればいいんだよ?」

と、クロネコくんのように「どちらのレンタルサーバーと契約すべき?」か悩む人も多いかと思います。

そこで、この記事ではロリポップとConoHa WINGを徹底比較した結果を、レンタルサーバーを今まで借りたことがない人でも分かるように解説します。

サバくん サバくん

これから、ロリポップかConoHa WINGどっちかのサーバーを借りるかで迷っている人は、ぜひこの記事を参考にして自分のサーバー選びに役立ててね。

※エックスサーバーとConoHa WINGの比較も気になる人は以下の記事も確認してみてください。

あわせて読みたい
エックスサーバー vs ConoHa WING徹底比較!ベストはどっち
エックスサーバー vs ConoHa WING徹底比較!ベストはどっちエックスサーバーとConoHa WINGのスペックとサービスを徹底比較した一覧を作ってみました。 両サーバーの特徴を分かりやすく比較できるので、自分に合ったサーバー選びの参考にしてみてください。
目次

ロリポップとConoHa WINGの徹底比較の条件

はじめに、ロリポップとConoHa WINGの徹底比較における最前提条件を説明しておきます。

その条件とは、両レンタルサーバーともに格安料金で利用できると言って通用する料金である。

月額1000円以内で利用可能な中での最大プランである。

ロリポップ:スタンダードプラン

ConoHa WING:ベーシックプラン

で様々な比較をしていきますのでご留意ください。

ロリポップとConoHa WINGで作ったWordPressサイトの早さを比較

まずは、本当にConoHa WINGサーバーは処理速度が早いのか?

それを確認するため、両レンタルサーバーのWordPressで作ったサイトの表示速度を比較した結果を見てみましょう。

■計測条件:それぞれのレンタルサーバーのWordPressで作った、約5000文字で画像を5枚使用しているサイトのページをGTmetrixで計測した結果。

■計測結果

ロリポップ ConoHa WING
サイト表示速度 1.7秒 1.0秒

※両レンタルサーバー共に高速化対応をした上での計測結果です。

あわせて読みたい
ロリポップで作ったサイトが重いときにやってほしい5つの高速化対応
ロリポップで作ったサイトが重いときにやってほしい5つの高速化対応ロリポップのワードプレスで作ったサイト表示が重い・遅いため、エックスサーバーなどへサイト移行する前にやってほしい5つの高速化対応を紹介します。 今回紹介する高速化対応は2018年10月に検証したものです
あわせて読みたい
ConoHa WINGで作ったブログが遅い時にする3つの高速化設定
ConoHa WINGで作ったブログが遅い時にする3つの高速化設定国内最速のConoHa WINGで作ったサイトでも、高速化設定をしないと100%の性能を発揮できません。 本記事ではConoHa WINGで作ったサイトの表示を国内最速にする3つの高速化設定を紹介します
サバくん サバくん

この比較では、国内最速の処理速度を誇るサーバーの名に恥じないサイト表示速度を出したConoHa WINGの方が上だよ。

クロネコくん クロネコくん

国内最速の処理速度を誇るサーバーの名は伊達じゃないってことか。

誤解がないように補足しておくと、ロリポップもネットビジネス用のサイトを運営するために必要なサイト表示速度はクリアしています。

しかし、ConoHa WINGが出すサイト表示速度が早すぎるので、比べてみると明らかな差があるように見えるわけです。

サバくん サバくん

ちなみに、「なんで、サイトの表示が早いと良いのか?」ってことについては以下の記事を参考にしてね。

あわせて読みたい
ページ表示速度が遅いwebサイトは致命的にダメな3つの理由!
ページ表示速度が遅いwebサイトは致命的にダメな3つの理由!この記事では、アフィリエイト用のサイト・ブログを運営するためのレンタルサーバーを選ぶ中で非常に重要な要素となる。ページ表示速度についてお話します。上記の話の...

料金の比較

今度はロリポップとConoHa WINGの料金関連や支払い方法について比較してみましょう。

サバくん サバくん

ちなみに、表内に付いている文字色の意味については以下の通りだよ。

  • 赤色:明らかに勝っている
  • 黒色:変わらない
  • 明らかに劣っている

※この後の比較結果に表示される文字色についても同じです。

ロリポップ ConoHa WING
初期費用 1500円 0円
課金形態 月単位 時間単位
1時間1.6円
最低利用期間 1ヶ月 1時間
月額費用
1ヶ月単位
600円 960円
(月換算)
月額費用
1年契約時
600円 960円
(月換算)
支払方法 クレジット決済
おさいぽ!決済
銀行振込
コンビニ決済
ゆうちょ振替
クレジット決済
ConoHaチャージ
ConoHaカード
無料
お試し期間
10日間 なし

比較結果を見ると、ConoHa WINGは初期費用が無料であり。

最低利用期間が1時間から利用できるので、本当の意味で退会した時点までに利用した金額しか払わなくて済むのはConoHa WING側の大きな利点です。

逆にロリポップ側では、月額費用として比べたときの料金が360円安かったり、支払方法が豊富な利点があります。

また、無料利用お試し期間が10日間用意されているのはロリポップ側の大きな利点と言えるでしょう。

サバくん サバくん

ちなみに、ロリポップでは「おさいぽ!決済システム」を使えば。独自ドメイン代とレンタルサーバー代の支払いを、手数料いらずのwebmoneyだけで出来るよ。

クロネコくん クロネコくん

じゃあ、クレジットカードも銀行口座がなくてもロリポップを利用できるってことか

サバくん サバくん

そういうことになるよ。

あわせて読みたい
おさいぽでムームードメインとロリポップをウェブマネーで支払う方法
おさいぽでムームードメインとロリポップをウェブマネーで支払う方法おさいぽなら、WebMoneyでムームードメインやロリポップの支払いができるのでとても便利です。 ここでは、おさいぽの紹介と、おさいぽを使いWebMoneyで支払うまでの手順を画像付きで説明します。

サーバースペックの比較

今度はロリポップとConoHa WINGでそれぞれ使えるサーバーのスペックについての比較です。

ロリポップ ConoHa WING
ディスク
種類
SSD
RAID10
SSD
RAID10
ディスク
容量
120GB 200GB
サーバー
OS
Linux Linux
Web
サーバー
Apache Apache +
nginx
CGI利用 FastCGI LiteSpeed
HTTP/2
PHP
バージョン
7.2、5.6 7.2、7.1
7.0、5.6
.htaccess
編集
Cron 登録数などの
制限あり
無制限
オリジナル
CGI利用
SSI
Python 2.7、3.4 2.7、3.6
Ruby 1.9、2.0 2.0、2.5
perl 5.10 5.16
ファイル
マネージャー
FTP接続
SFTP接続
SSH接続
FTP追加
アカウント
1つだけ 無制限

サーバースペックとサーバー内で使えるプログラムの最新性についてはConoHa WINGが明らかに勝っています。

特にwebサーバーとCGI利用でConoHa WINGが使っている「nginx」と「LiteSpeed」に関しては、ロリポップが使っているソフトの完全上位互換に当たります。

サバくん サバくん

「nginx」や「LiteSpeed」を使っているのが、ConoHa WINGサーバーの処理が早い要因の1つだよ。

また、ディスク容量もConoHa WINGの方が80GB多いことや、FTPアカウントを無制限で追加できる点も見逃せません。

サバくん サバくん

FTPアカウントが無制限で作れると、多人数でサーバーを利用する場合便利だよ。

使えるデータベースの比較

次はロリポップとConoHa WINGで使えるデータベースについての比較です。

ロリポップ ConoHa WING
MySQL 30個 60個
MySQL
管理ツール
phpMyAdmin phpMyAdmin

それぞれのレンタルサーバーで使えるデータベースの性能に差はありません。

しかし、ConoHa WINGの方がMySQLデータベースを30個多く作れます。

サバくん サバくん

WordPressでサイトを作る場合、1サイトで1Mysqlデータベース使うのが基本だから

サバくん サバくん

MySQLデータベースを多く作れるほど1サーバーで多くのサイトを作れるよ。

サイト運営に必要なサービスの比較

今度はサイトを作って運営する場合に必要なサービスについての比較です。

ロリポップ ConoHa WING
無料SSL
(https)化
何サイトでも
無制限
何サイトでも
無制限
独自ドメイン
取得
別サービス
より取得
別サービス
より取得
マルチ
ドメイン
100 無制限
サブ
ドメイン
ドメイン毎に
500
無制限
転送量
制限
100GB/日 約80GB/月
転送量
料金
なし(無料) なし(無料)
CMS WordPress
EC-CUBE
baserCMS
WordPress
EC-CUBE
コントロール
パネル
独自パネル 独自パネル

1日の転送量制限はロリポップの方が多いのでより多くの通信ができるので、転送量関連ではロリポップの方が優秀です。

一方、ConoHa WINGではマルチドメイン無制限となっているので、取得した独自ドメインを何個でも追加できます。

ですので、サイトを多く作りたい用途では先程のMySQLデータベースが30個多く作れる点も合わせてConoHa WINGの方が優秀と言えます。

ConoHa WINGのコントロールパネルは使いやすい

比較表には書けませんでしたが、ConoHa WINGのコントロールパネル(独自パネル)はとても使いやすいです。

WordPressによる無料SSL付き独自ドメインサイトの作成や他レンタルサーバーにあるサイトの引っ越し、セキュリティの設定などの操作がとても分かりやすく初心者でも簡単に設定できるのもConoHa WINGの大きな強みです。

あわせて読みたい
簡単!ConoHa WINGのWordPressインストール方法
簡単!ConoHa WINGのWordPressインストール方法国内最速ConoHa WINGで無料SSL付き独自ドメインのWordPressをインストールする方法を解説しています。 ConoHa WINGでブログ(サイト)を運営したい人はぜひ確認してみてください
サバくん サバくん

僕もエックスサーバー、ロリポップ、さくらレンタルサーバー、Mixhostなど

サバくん サバくん

いろんなレンタルサーバーを使ってみたけど、ConoHa WINGほど操作が簡単なコントロールパネルはなかったよ。

あわせて読みたい
簡単!ConoHa WINGのWordPressインストール方法
簡単!ConoHa WINGのWordPressインストール方法国内最速ConoHa WINGで無料SSL付き独自ドメインのWordPressをインストールする方法を解説しています。 ConoHa WINGでブログ(サイト)を運営したい人はぜひ確認してみてください
あわせて読みたい
ロリポップのWordPressでブログをミスなく作る全手順を紹介
ロリポップのWordPressでブログをミスなく作る全手順を紹介ロリポップのWordPressでブログ(サイト)をミスなく作って公開するまでの全手順を、レンタルサーバーでブログ(サイト)を作ったことがない人でも分かるよう図解付きで解説します。

サイトとデータベースのバックアップ機能について比較

次はサイトを運営するときにあると便利なサイトバックアップ機能についての比較です。

サイトを作ったことがない方はバックアップについてまで余り意識されないかもしれません。

しかし、サイト運営を長期間続けていると、第三者からのサイト乗っ取りやサイトを動作させるために使っているデータベースが破損するなどのトラブルでサイトが閲覧・更新不能になる事態がいつ起こるとも分かりません。

そんなとき、サイトバックアップ機能があると、素早くサイトを元の正常な状態にリカバリー(復元)することができます。

サバくん サバくん

バックアップ機能はサイト運営における保険のような機能といえるよ。

あわせて読みたい
レンタルサーバーのバックアップで外せない機能4つを紹介します
レンタルサーバーのバックアップで外せない機能4つを紹介します自分が使っているレンタルサーバーでトラブルがあった時の対応の要となるバックアップ機能現在のレンタルサーバーではバックアップ機能を持っていない方が珍しく。各レ...
ロリポップ ConoHa WING
バックアップ
料金
有料
(月額300円)
無料
バックアップ
種類
自動取得 自動取得
(1日1回)
webファイル
バックアップ
期間
7世代まで 14日間
データベース
バックアップ
期間
7世代まで 14日間
webファイル
復元機能
1回5000円
データベース
復元機能
1回5000円

ロリポップのバックアップは自分で決めた頻度で7世代(最大7個)まで保存しておけます。

ConoHa WINGのバックアップは毎日バックアップを取得しそれを14日分まで保存しておけます。

ただ、ロリポップでバックアップ機能や復元機能を使うには月額300円の追加料金が必要です。

しかし、一方のConoHa WINGでは1回の復元で5000円かかるので、ConoHa WINGの復元機能は実質使えないと思っておいたほうが良いです。

サバくん サバくん

ConoHa WINGのバックアップ機能の使えなさは、ConoHa WINGにおける1番のデメリットと言っても過言ではないよ。

サバくん サバくん

だから、ConoHa WINGでサイト運営する際は手動でバックアップと復元できる準備をしておいた方がいいよ。

利用できるセキュリティについて比較

今度はロリポップとConoHa WINGでそれぞれ利用できるセキュリティ機能についての比較です。

ロリポップ ConoHa WING
WAF 無料
利用可能
無料
利用可能
ディレクトリ
アクセス制限
海外アクセス
制限

はっきり言って、セキュリティ面については両レンタルサーバー間で差はありません。

ですので、セキュリティ面でロリポップにするかConoHa WINGにするかを悩む必要はないと言えるでしょう。

メール機能についての比較

メルマガなどもやりたい場合、借りたレンタルサーバーでメール機能を使うこともあるかと思いますので、ここではメール機能について比較します。

ロリポップ ConoHa WING
メール
アカウント
1つの独自ドメイン
につき20個
無制限
メーリング
リスト
メール
転送
メール
マガジン
アンチ
ウイルス
迷惑メール
フィルタ
スパム
フィルタ

ConoHa WINGはメールアカウントについては制限がない点は便利ですが、メールマガジンを作る機能は用意されていません。

ですので、メルマガメインでレンタルサーバーを使う場合のであれば、ロリポップの方がおすすめと言えます。

その他機能の比較

最後にロリポップとConoHa WINGでその他機能について比較します。

ロリポップ ConoHa WING
プラン変更
(上位)
申請必要
次回契約時
即時
プラン変更
(下位)
即時
サイト
引っ越し
手動作業 無料自動
引越機能有
同プラン
サーバー変更
動作確認URL
アクセス
解析機能
転送量確認
WEB
フォント
モリサワフォント
利用可能
アダルト
サイト

ここでの比較ポイントですが、ConoHa WINGでしかできない大きな機能が3つあります。

  • 他レンタルサーバーからのサイト引っ越しを自動で出来る機能が用意されている(無料)
  • 自分が利用しているサーバーが混雑した時に、同プランで稼働している他サーバーへ無料移行できる
  • プラン変更がいつでも自由自在にできる

特に先に挙げた上2つの機能は、共用レンタルサーバーではConoHa WINGでしか実装されていない貴重な機能です。

サバくん サバくん

サイト引っ越しを自動かつ無料でやってくれる機能のおかげで

サバくん サバくん

従来の全手動作業によるサイト引っ越しより、楽に引っ越しができるようになったよ。

あわせて読みたい
他社サーバーのサイトをConoHa WINGへ簡単引越しする手順
他社サーバーのサイトをConoHa WINGへ簡単引越しする手順他社レンタルサーバーからのサイト引越しをWordPressログイン情報を入力するだけで出来る、ConoHa WINGのWordPressかんたん移行機能を使ったサイト引越し手順を画像付きで説明します。

サポート体制の比較

ロリポップとConoHa WINGの運営実績やサポート体制についての比較です。

ロリポップ ConoHa WING
運営実績 18年 1ヶ月
サポート
種類
電話
メール
チャット
電話
メール
チャット
サポート
対応
早い・良い 早い・良い

運営実績は2001年から続けているロリポップの圧勝なので、確かな実績と信頼についてはロリポップ側のとても大きな強みといえます。

問い合わせへの対応については、あくまでも主観ですが対応の丁寧さや対応までのスピード感に目立った差はありませんでした。

ロリポップとConoHa WINGを比較した結果のまとめ

ロリポップConoHa WINGの両レンタルサーバーを比較した結果をまとめるとこうなります。

ロリポップの強み

  • 月額料金が300円程安い
  • 圧倒的な運営実績がある
  • 10日間の無料お試し期間がある
  • 転送量制限がゆるい
  • メールマガジン機能が使える

ConoHa WINGの強み

  • WordPressで作ったサイトの表示速度が早い
  • 最低1時間単位で利用できる
  • 初期費用が無料
  • 無料で他レンタルサーバーのWordPressサイトを移行できる機能がある
  • ディスク容量が多い
  • 独自ドメインを無制限に登録できる
  • FTPアカウントを無制限で作れる
  • メールアカウントを無制限で作れる
  • プラン変更が即座にできる
  • 同プランで空いているサーバーへ無料移行できる
クロネコくん クロネコくん

一見してみると、ConoHa WINGの方が強みが多そうだが

クロネコくん クロネコくん

結局、俺はどっちのレンタルサーバー選べばいいんだ?

サバくん サバくん

その問いについて、こんな人にはロリポップ、こんな人にはConoHa WINGを使うのがおすすめってのをまとめてみたよ。

こんな人はロリポップがおすすめ

  • 実績と信頼性があるレンタルサーバーを使いたい
  • ブログ・サイトでトラブルがあった時、ブロガー仲間や個人サイトのノウハウに頼りたい
  • まずは数日(10日以内)だけでいいから無料でレンタルサーバーを使ってみたい
  • ニッチなサイトなど、あまりアクセスが集まらないサイトを1年以上運営したい
サバくん サバくん

これまでの長い実績や信頼性を重視する人や、多少サイト表示速度などのサーバー性能が落ちても、安い月額費用でサイト運営をしたい人はロリポップがおすすめだよ。

こんな人はConoHa WINGがおすすめ

  • まずは3ヶ月間ネットビジネス用サイトを運営した後、サイトを続けるか判断したい
  • トレンド系サイトなどのアクセスが集まるサイトを運営したい
  • とにかくサクサク表示されるサイトを作って運営したい
  • 将来大規模なサイトに成長してもレンタルサーバーを変えずにサイト運営を続けたい
  • 何十個ものサイトを同時に運営したい
サバくん サバくん

運営実績少なく、少し月額費用が高くなっても

サバくん サバくん

高性能なサーバーでWordPressによるサクサク表示されるサイトを簡単に作って運営したい人は、ConoHa WINGがおすすめだよ。

クロネコくん クロネコくん

なるほど、実績や料金の安さを重視するならロリポップ、高性能なサーバーを利用したいならConoHa WINGってことか。

サバくん サバくん

そういうことだね。

最後に両レンタルサーバーのどちらかを選ぶ上で、正直な僕の意見を乗せておきます。

ガチでネットビジネス用サイトを作って稼ぎたい人ならConoHa WINGを使え。


画像

画像※クリックでConoHa WING公式サイトへ飛びます

ネットビジネス用サイトの運営を続ける自信がまだない人はロリポップを使え。


画像

画像※クリックでロリポップ公式サイトへ飛びます

です。

この記事はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

目次